アメリカのESTA(エスタ)申請方法

ESTA(エスタ)

アメリカの入国の際に求められるESTA(エスタ)の申請方法

アメリカの入国の際に求められるESTAの申請方法を詳しく解説していきます。

ESTA(エスタ)とは?

ESTAとは、アメリカ国土安全保障省(DHS)が2009年1月に導入した、アメリカへの短期渡航に必要な電子渡航認証システムです。

誰が申請しないといけないの?

ビザ免除プログラムを利用して、90日以下の短期商用・観光の目的で渡米しようとするビザ免除プログラム参加国の国籍の方は、米国行きの航空機や船に搭乗する前に、電子渡航認証を受けなければなりません。

つまり、90日以内の滞在で、且つ学生ビザや就労ビザ等のビザを持たない方が申請対象となります。

 以下の条件に該当する渡航者は、ビザ免除プログラム(VWP)を活用してアメリカに渡航することが制限されることとなりました。
・ビザ免除プログラムの参加国籍を有する方で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、北朝鮮、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在歴がある方(ただし、ビザ免除プログラムの参加国の軍や公務を遂行するためにこれらの国に渡航した場合は特例が適用されます)。
・ビザ免除プログラムの参加国籍と、キューバ、イラン、イラク、北朝鮮、スーダン、またはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者の方。
・ビザ免除プログラムの参加国籍を有する方で、2021年1月12日以降にキューバに渡航または滞在歴がある方。

どうやって申請するの?

こちらのアメリカ国土安全保障省(DHS)のHPにて、オンラインでの申請となります。

とっても簡単です⭐︎

ホームページ上で日本語に直すこともできるのですが、翻訳しました!って感じの文章もあったりして分かりにくいこともあるので、こちらでは英語のままでの申請方法を紹介しています。

ESTAの申請費用

$21.00USD/人

我が家は家族3人分だったので、$21.00×3の$63.00でした。

申請してから承認までの時間

渡米72時間前に申請を終わらせることを推奨しています。

ですが、私が家族3人分を申請した時は、日本時間の土曜日の夜19時ごろ申請し、同日22時過ぎに3人分の「渡航認証許可」が認証されたとメールが来ました。

ですが我が家みたいなケースばかりではないと思うので、搭乗の72時間前には余裕をもって申請しておくことをお勧めします。

 

ちなみに申請時間は3人分で所要時間おおよそ1時間弱でした。

ESTAの有効期限

ESTAは通常、一度認証されると2年間有効で、その期間内に何度でも米国への渡航が可能です。

ただし、注意が必要で、2年以内にパスポートの有効期限が切れる場合は、その時点でESTAも自動的に無効になります。



いざ!ESTA申請へ

それではやってみましょう!

①こちらの画面の”CREATE NEW APPLICATION”からスタートします!

②3人まとめて申請したいので、”Group of Application”を選択します。

ご家族ではなく、一人で申請されたい方は”Individual Application” を選択してください。

③どちらもYesにチェックをつけましょう(でないと進めません)。

④”UPLOAD YOUR PASSPORT”のボタンを押し、パスポートの顔写真のページの写真を撮ります。

自動で読み取ってくれ、入力必要項目に入力されます(されない項目は自身で入力要)。

入力項目に正しく入力されていることを確認後、”ADD TO MY APPLICATION”を押します。

”City of Birth”は、出生地です。例えば横浜なら、YOKOHAMA と入力します。

⑤ parentsの情報です。入力必須項目となっているので、亡くなっておられたり離婚されている場合も入力します。

“Country Code”はJapanを選択します。

“Phone Number”は最初の0を除いた番号をハイフンなしで入力します。(例:080-1234-5678→8012345678)
※もしもエラーが出るようであれば、国番号81を最初につけ、818012345678と入力します。

⑥”Is your travel to the US occurring in transit to another country?” アメリカを経由して、他の国に行く場合は、”Yes”を、アメリカが最終目的地であれば”No”を選択します。

⑦精神疾患の有無、逮捕経歴の有無等の質問に対して答えていきます。

⑧Certificationの箇所にチェックを入れます。

“THIRD PARTIES ONLY”は、代行会社に頼んでおらず自分で申請しているので空欄にしておきます。

⑨最後にこちらの画面で終了です!
“ADD NEW APPLICATION”を選択し、家族代表の一人分の入力は終了です。(2人目、3人目、、の家族分の入力を終えた際は、”ADD UNPAID APPLICATION”を選択し、家族代表の一人目にくっつけます。)

お疲れ様でした⭐︎

最後に申請料を払って終わりです。
しばらくするとESTAからApplication numberがメールで届きます。
そしてもうしばらくしESTA Status changeというメールが届きましたら、承認されたかどうかメール内のリンクを開き確認してみましょう。

念の為、承認されたと書かれているページをプリントアウトして空港のチェックインカウンターに持っていくと安心かと思います。

アメリカから日本帰国の帰りの航空券がないと日本出国できない

ESTAを持っていても帰路の航空券を持っていないと出国できません。

アメリカから日本帰国の航空券を持っている、もしくはトランジットの場合は最終目的地への航空券を持っている場合は大丈夫です!

それでは、ご旅行楽しんできてくださいね⭐︎⭐︎

最後まで読んでいただきありがとうございました☺︎

Rei



本ページはプロモーションが含まれています。

タイトルとURLをコピーしました