【2024年最新】Wise(ワイズ)を分かりやすく。チャージってどうやるの?

お金・投資

Wise(ワイズ)って本当に簡単なの?

レートもいいしすごく簡単だよ!

そう皆さんおっしゃるので我が家も日本円→カナダドルの送金はWise(ワイズ)にしました。

 

実際は難しくて、理解するのにすごく時間がかかった。。。!
私だけでしょうか?

 

本日は海外に移住する方のほとんどがお持ちのwiseについて、私が最初に持っていた疑問と、また理解するのに時間がかかった送金とチャージの違いについて書いていこうと思います。

 

Wiseデビットカードって海外で現地の現金が引き出せるの?

できます。現地の銀行内や街にあるATMにカードを入れて、現金を引き出せます。※一定の額を超えると引き出すのに手数料がかかります。

現金を引き出すには、Wiseのアカウントを持つのとは別にWiseのデビットカードを申し込む必要があります。シンガポールから封筒が国際郵便で送られてくるので、余裕を持って渡航1ヶ月くらい前に申し込んでおくのがオススメです。

こんな感じで送られてきます↓

デビッドカード発行料1,200円でした。

現地のATMで1回に引き出せる金額

現地のATMで1回に引き出せる金額は限度がある場合がほとんどです。

カナダのVictoriaダウンタウンのScotia bankは1回の引き出しが$1,000CADまで、CIBCは$400CADまででした。

 

※ATMからの引き出しは1日1回で止めることをオススメします。

2回引き出そうと思い1回の引き出しの後に2回目の引き出しをチャレンジしましたが、2回のうち2回とも引き出そうとした現金が出てきませんでした。しかも2回のうち1回はアカウント上では引き出されたことになっていました!

 

海外あるある!!

日本ではこんなことないのになー。

 

このように何かあったらいやなので、私は銀行のスタッフさんに頼んで一緒にやってもらうか、ATM操作中は後ろから見守ってもらい、万が一カードがATM機に飲み込まれたり現金が出てこなかったりした場合の目撃者になってもらっています。

 

あつかましい客にもカナダの方はお優しいです。

 

「歳をとる度に段々あつかましくなってくるわよ〜」と母が言っていたのを思い出しました。

 

ATMで引き出すには現地で口座開設が必要?

我が家は、旦那と私とで意見が分かれていました。

旦那「現地で口座開設しないと引き出せないよー」
私「えー?開設してなくても大丈夫だってー」

 

口座開設は不要です。

日本の銀行口座からWiseの自分専用の口座(=Wiseでアカウントを開くと使えるようになる口座)に振り込み(入金)をしてください。到着したその日から、あらかじめ振り込んだ額分を、WiseデビットカードをATMで引き出せ、又はレジでタップして決済ができます。

 

そして日本の口座からWiseの自分専用の口座に入金する際は、前もってWiseにログインをしてチャージという操作をする必要があります。

 

チャージとは?

あらかじめWiseの自分専用の口座に入金したい金額を決める操作です。

↑こちらはアプリ画面です。画面上にある「+チャージする」を押し、入金したい金額を入力します。

金額を入力すると「こちらにお振込をお願いします」と、振込先の口座番号が付与されるので、そこに日本円を入金します。

現地の通貨のチャージを行うと、振り込んだ日本円と同等分が現地の通貨の残高に反映されます。→そのまま現地で決済に使えます。

 

レートがあまり良くない時であれば、日本円のチャージを行い日本円の残高をとりあえず増やします。→後でレートが良くなった時に日本円から現地の通貨に両替(アプリ上で1 秒でできる)をしてから現地で決済に使えます(両替をせずに日本円のまま持っている場合でも、決済日時のレートが使用され現地通貨として決済ができます。)。

 

銀行振込でチャージする方法が手数料がかからない*ので我が家は銀行振込でチャージをしています。
他にもクレジットカード等を使ってチャージする方法があります。

*銀行振り込み手数料はかかります。

 

チャージは日本でするの?海外でするの?

チャージは日本国内でも、海外に行ってからでも、Wiseのアカウントにアクセスできればできます。

チャージ額は誰が決めるの?

Wiseのアカウントにアクセスできれば、海外に行く人も日本に残るご家族も、どちらもチャージ額を決められます。

銀行振り込みは誰がするの?

チャージしたい金額をWise口座に振り込むことは、オンラインバンキングを利用しているなら海外からご自身でできますが、利用されていない方だと日本に住んでいるご家族か友人にお願いして振り込みをしてもらうことになります。

家族は別途Wiseにアカウントは必要?

不要です。
我が家(私と娘がカナダ住まい、旦那が日本住まい)が持っているWiseアカウントはひとつです。

チャージは送金と全くの別物!!

これです!!我が家がずっと理解できなかったことは!!

 

チャージ」と「送金」ボタン、押し間違えないでくださいいぃぃぃぃぃ!!

 

海外についてから現地口座開設を待たずに決済ができるようにするには「チャージです!!

 

送金ボタンから進むと、現地で口座開設をするまで、日本の口座からWise内のアカウントに振り込んだお金がどこに行ったらいいの〜?状態になります。
一定期間を過ぎると日本の振り込み元の銀行口座に戻されます。→ 結果現地で使えるお金がない!ってことに。

 

Wiseのお申し込み(送金手数料無料クーポン付き!)

↑ここから申し込んでいただくと最大75,000 JPYまでの送金に使える手数料無料クーポンが付いてきます!

我が家は普通に公式ホームページから申し込んでしまい後悔しました。

何かわからないことがあればWiseサポートデスクに日本語でメールを送ると、次営業日に分かりやすく丁寧に返事を送ってくださいます。(←カナダでは考えられない、、、)そして日本語なのが心強いです。我が家は本当に何度もお世話になりました。本当に感謝です。

Wiseのデビットカードはオンラインショッピングで使える?

問題なく使えています。

使った直後は”保留中”のステータスになっていますが、大体次の日になると保留中の表示は消えています。

 

Wiseのデビットカードは日本で使える?

使えます。ほぼ全世界で使えるので、一枚持っておけばどこの国に海外旅行に行っても困らないでしょう!

最初仕組みを理解するまで大変でしたが、今となっては円を現地のお金に両替するのはもうWise一択だと言えるくらい重宝しています。海外旅行の度に銀行等に両替をしに行く手間と時間を省くため、ずっと使おうと思っています。

本当にWiseにして良かったです。

Revolut(レボリュート)は?

Revolut(レボリュート)というWiseのようなサービスもありますが、お買い物する曜日を気にしたくなかったので、曜日問わず一律同じレートのWiseにしました。

いつもお買い物する曜日は決まってるよという方、又デビットカードの発行手数料がかからないので短期の滞在の方はRevolutも考慮に入れてみてもいいかもしれません。

 

以上

最後まで読んでいただきありがとうございました☺︎

Rei

タイトルとURLをコピーしました