ブログ宛にいただくメッセージへのお返事♡ビクトリアの治安のこと

カナダの学校

メッセージへのお返事♡

最近こちらのブログ宛てに、お子様が留学予定の方や、お子様と一緒に留学予定のお母様からメッセージをいただくようになりました(๑>◡<๑)

お返事を書こうとすると、返信の宛先が、直接メッセージをいただいた方の個人メールアドレス宛になってしまい、なんだかズケズケと申し訳ないのでこちらでお返事させてください(お返事を求める方はいらっしゃらないのですがお返事させてくださいっ)⭐︎

カナダビクトリアの治安について

まずはビクトリアの治安についてお返事です⭐︎

Saanich(サーニッチ)

カナダは全体的に治安はいいとされているのですが、子連れで住むならビクトリア、中でもおすすめの地域がSaanich(サーニッチ)です!

Saanichはダウンタウンより上にある広い住宅街です(※Saanich coreではないです)。

特に東側のGordon Headエリアは綺麗な街並みで、治安も抜群に良く家の鍵をかけていないという方もチラホラいるほどです。

お子様の学校を公立にされるのであれば、治安の良い管轄内の学校でご検討されてください。

Cadboro-Gyro Parkのビーチ。ビクトリアの海はバンクーバーの海の水質より何倍も何倍も!綺麗で透き通っています!

元旦の朝日 in Saanich

野生の鹿

ビクトリア全体にリス、そして森や林が多い地域では野生の鹿が住んでいます。

鹿は秋に繁殖期を迎えるため、秋になったら大人の鹿には近寄らないでと、現地の人が教えてくれました。

秋に滞在予定で、車を持つ予定がない方は、鹿が出没しない少し内陸の、Shelbourne Stより西側がオススメです。

Gordon Headはスーパーがないので、年間を通して車はあった方が便利なエリアです。(スーパーの食材のUber配達は対応しているエリアです⭐︎)

花びらを食べている2匹の鹿さん in Hillcrest。繁殖期以外は穏やかで、人が近づこうとすると逃げていっちゃいます。

 

James Bay、Fernwood、ダウンタウン市内

自然もいいけど人と人との関わりだったりコミュニティのイベントに参加したい、そんな方はファミリー層が多く住むJames BayFernwoodあたりがオススメです。

ダウンタウンにも近く、お買い物もお茶するにも便利⭐︎

ビーコンヒル公園でもたくさん遊べます。

ダウンタウン市内は観光スポットやお店やカフェも立ち並んでいるため、短期の旅行はオススメですが、カナダは大麻が合法なこともあり、時々街角で吸っている人を見かけます。

Pandora Ave〜Johnson Stでは、ホームレスの人達やむやみに叫んでいる人もいたりして、子供を連れて歩く時は少し不安を感じます。

学校の手続きは? エージェントは必要?

我が家はエージェントに頼りませんでしたが、カナダの人って良くも悪くもスローなんです。

特にビクトリアはアイランドならではのスローさを多々感じます。

クリスマス時期だったためか待てども待てども連絡が来なくて、メールも数回送ったけれど返信もなくて、しょうがなく電話で問い合わせてみたところ、手続きが全く進められておらず忘れ去られておりました。汗

キレない。焦らない。少しでも進めばできるだけ感謝の心構えで。

日本の「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」をカナダ人に教えてあげたいです!!

春休みにはいろんな小学校の校庭の遊具で遊びました。

広ーい学校!

子供の英語の準備は?

お子様がGrade-K(年長)までの年齢であれば特に何も準備はいらないと思っています。

年齢が低い分本人の吸収力もすごく高いし、まだクラスの子供たちも日本から来たお友達が英語を話す話さないを気にせず遊べる年齢だからです。

Grade1(小学校1年生)からはお勉強も始まってくるので、本人の自己肯定感を下げないためにも少し英語に慣れてからの方がいいと思っています。

でも全く準備していなくても、現地の学校に飛び込むこと自体がものすごく勇気がいることだと思うので、そこを褒めればきっと大丈夫です⭐︎

カナダの学校に通い出して2週間後くらいに、おにぎりが描いた絵。

お子様やご家族にとって素晴らしい経験になりますように⭐︎⭐︎

最後まで読んでいただきありがとうございました☺︎

Rei

 

 

タイトルとURLをコピーしました